SSブログ

【ニルアド】ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 紫鶴・滉・隼人 隠しルート 感想 [ニル・アドミラリの天秤]



みなさん、こんにちはー!


ニルアドクロユリ、トロコンしましたーーー!

うん。
結構ボリュームあったね。
でも、本編よりも面白かったですね。
なんだろう……やっぱりブラウス破られなかったからかな……(まだいうか)

事件の観点で見ると、プレイするルートの順番によっては結末が自明な(他ルートと同じ事件を描いてるため)ところがあるんだけれども、それぞれテーマが違うから楽しめましたね。
今作から登場してくるサブキャラクターたちの背景にある物語もとっても濃かったし、本編に推しキャラがいなくても十分興味深かったです。
オマケの手記とかも本編の物語を補完してて、よかった。
クロユリプレイして、ちょっとニルアドキャラに対する印象がかわりました。
まあ本編でブラウス破かれたのは忘れないけどなッ……!!!!!

それでは。
以下からはざっくりですが、汀センセ、鴻上、尾崎さん3名+クロユリさん(仮)感想です!
ネタバレですが、よろしければどうぞ~♪





☆汀紫鶴

森恒先生とか笹乞先生の話が続くのか……?
……と思いきや、過激なアナーキストになっちゃった先輩に目をつけられて、その仲間って吹聴されちゃってごたごたに巻き込まれちゃうっていう、なかなかなお話で驚きました。
でも稀モノを生み出せるようになって、泣き始めちゃう紫鶴さん。
とってもきれいだった。
しかもツグミちゃんへの愛が生み出すって素敵よね。
まあ想像できた展開ではあるんだけど、彼にしか成し得ないお話だなって。
恥ずかしそうにいろいろはぐらかす紫鶴さんもかわいいよね。
はじめて、かわいいと思いました、汀先生のこと。
個人的に鵠居さんに“華族”について説教されて、詰られて、半泣きで実家に帰るところが地味に好きですね。また、それを慰め、諭すのがじいやってところがいいよね……。
お嬢様、そんな自分の居場所がないって駄々をこねてるだけの男に惑わされないで、誇りをもって……!ノブレスオブリージュ。
そういやこのルートだけ、ヒタキくんの嵐のようなシスコン台詞は鳴りを潜めてましたねwwww
彼のお眼鏡にかなうのは汀先生だけなんだねwww
汀先生に傾倒しすぎるのは……いいことなのか??w
あと、ほんとにフクロウっていう組織、いろんなところから便利に使われてて大変ですね……。
本を管理する仕事と思って配属されたのに、こんな公安じみた仕事させられたらもう「話と違う!!」って怒りたくなりそうw


☆鴻上滉

鴻上さん全体的にまるーくなりましたね。
あのヒタキくんを前にしても穏やかでいられるなんて。
アキラくん、素晴らしい……!!!
ほんっとヒタキはすごいよな……あのシスコンっぷり、大丈夫なのか……??
あの歳であんな台詞……(笑)
本編は何してるのかいまいちわからなかったけど、今回はツグミを愛しているあまりに彼女の迷惑になりたくない、弱点になりたくない、汚点になりたくない――と。口数が少ないなかにもそういう意識が態度にありありと現れていて、そこが切なくてよかったですね。
でも、独占欲には勝てなくて、隙あらば軽めのキスをしてツグミの心を絡めとってしまうところまでがセット。
ああいうことする男はずるいですよねえ!ねえ、ヒタキくん。
ラストのヒタキに筋を通すところはめっちゃかっこよかったよ。
まあでもこのルートも個人的には雁坂先生と千鳥ちゃんの淡い恋物語にぜーんぶもってかれちゃったんですけどね。なに、それ。
雁坂先生、存在が切ない……。
そして、その想いを聞いたあとで千鳥ちゃんの頑なさを読み直すと……泣ける……。
千鳥ちゃんに片思いしてる帝都大のお兄さん、ぜひ幸せにしてあげてほしい……。


☆尾崎隼人

葦切さんと小瑠璃ちゃんの恋の行方がめっちゃ気になってたので、その続きが読めて非常によかったです。
いやー、ほんっとやきもきさせるなあ葦切さん。
駆け落ちとか、あらまー。ドラマティックなことしちゃって♡
それはそうと、こんな縁談ぶち壊して海外駆け落ち、みたいな派手な話がなんでサブキャラクター間で行われているのか……www(まあ縁談でやきもき、は別ルートであったからなあ)

……って尾崎隼人さんの話だった……。
隼人はあまりにも“陽”の人なので、妹云々の話をクロユリルートで見るまですっかり忘れてた。あと隼人制服verの胸元ってあんなに開いてたんだな……前回は他にいろいろ突っ込みたいところが多すぎて麻痺していた……ようです。(私の記憶が仕事してなさすぎィ!)
隼人のテーマはやはりどこまでいってもブレない“正義の人”。
生きるために“悪”を演じることにすら飽いてしまった雪加と対峙させ、彼を改心させるという物語の内容は、もうこれでもかというくらいに彼らしく、王道ストーリーでしたね。
このツグミ&隼人のカップルには、本当に障害らしい障害がないので(だって許嫁だしな)眺めている方にとってはたいして面白みがないんだけれども、相変わらずの歯の浮くようなセリフの数々は聞いてて面白かったので、うん……面白かったよ、隼人!
余談ですが、雪加ちゃんの演技とっても好きでした。どことないあどけなさが空恐ろしく感じるというか……不思議な魅力ですね……!!


☆クロユリルート

CV松岡禎丞サンの時点でまあ、普通の古本屋なわけがないよな!

汀先生あたりのルートで、スポットライトがあたるのかな……なーんて考えてたら。
彼の隠しルートあったやん( ゚Д゚)
そこまで知ってたら、発売当時にプレイしてたわ……ごめんな(笑)

……というわけで、ざっくりいえば面白かったです。
なんていうか、ツグミちゃんは誰とも結ばれずに、稀モノに振り回されて昏い過去に囚われた男たちに手を差し伸べて救済し続けてるほうが面白いような気がしてきたな……もう……。
だって誰かの女になってしまったら、“彼”の幸せを第一に考えてしまうでしょう。
そうしたらあの隠さんに囚われたままのツグミは、クロユリルートのツグミはもう帰ってこないじゃないですか。
自分の心を檻にいれて、鍵をかけて。
誰かの哀しみを紐解くために、稀モノに寄り添い続ける。
ほのかなアウラの光に照らされて一人前になった彼女の横顔は、きっと美しいはず。
……朱鷺宮さんみたいにいい女になるよ、きっと。
(誰とも結ばれないってもうそれ乙女ゲームちゃうがな)

まあそうは思ってても鵺野さんの“聖女”呼びはちょっとぞわっとしたけどな……発想が気持ち悪くて
……さすがは”空舟先生”。
モデルは全部ツグミちゃんとか、もうそれなんて夢小説???
あと鵺野さんはブラウスは破かなかったけど、スリップチョキチョキしましたよね……www
ちょっと笑いました。ニルアドキャラは無駄にヒロインの服をダメにしがちw

弟のことに関して深く深く傷ついて、モンテクリスト伯よろしくフクロウに復讐を、っていうのはものすごくわかるし、そこを続編の物語としてクローズアップしてくれたのはとても面白かった。それを元役者ならではの演技力という武器を用いて(それにしてもハメル先生に変装は無理がないか)実行するところもめちゃめちゃ雰囲気あってよかったけど、やり方があんまり……だったかな。
最初は精神的に不安定な若者や殺人犯たちを、ほんの少し蜘蛛の糸でひいて操るようにして間接的に命を奪っていく……絶対に司法の手が届かない外側から。
そういう感じがよかったのに。
最終的に、鵺野さんは自分自身の手も汚してしまう。
弟が濡れ衣を着せられて殺されたことに憤っているにもかかわらず、他人に同じようなことをするってどういう心理からきているんだろうか。最終的にはもうそれ無差別殺人やん?ってなっちゃう短絡的なところがちょっとなあ……って思いました。まあその矛盾こそが人としての弱さなのかな。なりふり構わず的な?
ラストの帝都爆破もだけど、もうそれフクロウの仕事の範疇越えてないか?
まあ、そもそも本編からフクロウとはなかなかグレーな組織でしたっけね。


個人的に一番よかったのは、“弟に挨拶してくれるっていったじゃないですか”ってとこですね。
あのあたりのセリフめっちゃ好き。あの距離感なんなん……!
あの世に挨拶しにいくなんて誰が想像するんだろうね、あんな軽い世間話の時にさ……!!!
死に化粧にうっとりな鵺野さんもセクシーで素敵でした。バッドエンドのほうがいいかな。
あれも“聖女様”なら、救い方としては正解やろ。
間違えてヒタキに殺されちゃうエンドは目も当てられんな……。
でもヒタキくんの泣きは素晴らしかった。

隠さんが喜んで命を差し出すのにって暴れるところも好きですね。
犯した罪に振り回されてる隠さんが見られて、ちょっとほっとしたというか。
人間味があってね。

あ、余談ですけど。
笹乞先生の手記が……手記がよかった……よおおお!!!

それが最後に読めたので幸せでした♡
うん、オラソワから戻ってプレイしてよかったです♡まるっと楽しかった♡




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。